スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 約一年ぶりです生きています\(^o^)/ | main | 最終日 >>

何故かはまった『風立ちぬ』

 昨年公開した『風立ちぬ』、どういうわけか9回観に行っていました。
・・・・・ほとんどはレイトショー鑑賞でしたが。


賛否両論な感想がたくさん飛びかったアニメでありましたが私個人は
結構好きな作品でした。


だって『眼鏡男子』が主人公な作品って結構少ないじゃないですか?


最近観たアニメでは『銀の匙』の八軒くんくらいかな。
あれ?紅の豚のポルコも眼鏡男子の枠に入ったっけ?

ムスカやさつきのお父さん、あくまで脇役眼鏡男子だったからなぁ。
「ときめも」の氷室先生も・・・全体的には脇なのかな?あのゲームやった事無いから
正直よくわからないけど。


と、まぁ私のツボに一番はまった点はやっぱり眼鏡であったと思います。
あとは昭和初期の男性の姿がよく表現されていた事かな。
戦後生まれの男性と戦前(戦時中をの空気をリアルに体験している)の男性ってのは
明らかに違っているんですよ。
戦争体験者との交流を持つ機会があった私にはその違いにとても驚いたものです。

あの頃の男性は本当に余計な事は喋らないんですよ、これは男性に限らず
女性にも言える事でしたが。思った事を何でも口にするのは恥ずかしい行為のような、
「黙して語らず」が当然のような、相手が言わなくても空気で察するのが常識みたいな、
そんな考え方が当たり前の時代だったからでしょうか。

今の人達にはそれは困難な行為ですからね(^_^;)
超能力者じゃないんだから思った事は言ってくれなきゃわかんないよ、と言うのが
現代人の常識でしょうし。


あの頃の男性女性は今後確実に減少して行きます。
もし身近にそういう人たちがいらっしゃるなら今からでも
色々と語り合ってみる事をお薦め致します。
あの頃どんな事があったのか、どんな事を考えていたか、感じていたか
じっくり聞いてみて下さい。



ウチはもうじい様ばあ様いないし、気楽に話してくれそうな母ももういないし
父は過去の話は頑として喋らない男だから聞くだけ無駄だし(T_T)


暇見繕ってお師匠のところへ手土産持ってお話でも聞きに行こうかな。



| 通常日記 | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 12:11 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://sakurabana.jugem.jp/trackback/803

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM